人と関わるお仕事をしたいっていう人の中でも、特にオシャレに興味がある女性には『アパレル販売員』をオススメしちゃいます!
アパレル販売員は、女性の転職先としても大人気の定番のお仕事です。
この記事ではアパレル販売員のお仕事内容から、そのメリット・デメリットまで、ドーンとご紹介していきますから、楽しみにしていてくださいね。

1.アパレル販売員のお仕事内容


画像引用元:https://deai-daigaku.com/apparel-salesperson/

アパレル販売員は、お店のお洋服やアクセサリー、バッグといった、オシャレに関わる各種アイテムをお客様にご提案するお仕事です。
お客様のご要望をお伺いしながら、最適な1品をオススメしたり、全体のコーディネートを整えてあげましょう。
購入されるアイテムが決まったら、お会計をするのも大事なお仕事です。

また社員として雇用された場合は、お店の運営業務も担当することになります。
店内のディスプレイの方向性を決めたり、発注や在庫の管理はもちろんのこと、売上の管理も社員のお仕事です。

またアルバイトの雇用や教育も担当しますので、店長になれた場合、1つのお店をプロデューサーとして活躍することができちゃいます。

2.アパレル販売員を選ぶメリット


画像引用元:https://instagrammernews.com/detail/1543256288771581008

  アパレル販売員のココがイイ

アパレル販売員はメリットがいっぱいの楽しいお仕事です。
お仕事のときは、当然そのお店のアイテムがユニフォーム!
好きなブランドのお店に採用されたら、毎日オシャレが楽しくて仕方なくなること間違いなしですね。

しかも社割があるから、季節のアイテムをたくさん買っても、お財布に優しいところが嬉しいですよね。

またお仕事開始の時間が、他の職種に比べて遅めなので、朝起きるのが苦手な人でも安心!
それにアパレルは基本的に実力主義の業界だから、未経験でも採用されやすく、出世もしやすいです。
一緒に働く同僚もお客様も、オシャレに興味のある人達ばかりだから、同じ趣味の友達がたくさんできて、お仕事中もお休みの日も充実した毎日を送ることができちゃうかも。

3.アパレル販売員を選んだときのデメリット

  アパレル販売員のココがイヤ

楽しいことがいっぱいのアパレル販売員だけど、やっぱりデメリットもあるんです…。
お店によりますが、売上目標の達成にかなり厳しいお店もありますので、月末の締め前はみんなピリピリしがちです。
最近は減ってきたみたいですが、ノルマ未達の場合、自腹でアイテムを購入しないといけないお店もあるとか…。

他には朝が遅めな代わりに夜も少し遅めなので、帰宅する時間が遅くなっちゃいます。
そして働く日にちはシフトで決めることになるから、世間一般がお休みの土日祝や、クリスマスやバレンタインみたいなイベントごとの日は、基本的に休めないです。
記念日を大切にしたい人には辛い部分かもしれませんね。